コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロフォン Kolophōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロフォン
Kolophōn

古代ギリシアのイオニアの都市。エフェソスの北西約 24kmにあった。スミルナによって植民され,前8~前7世紀に商業都市として栄え,金権政治が行なわれた。優れた騎兵で名高い。哲学者クセノフォン,詩人アンティマコスの出身地。前665年リュディア王ギュゲスの攻撃を受けた。ペロポネソス戦争の際にはペルシアに,のちアテネに支配された。前3世紀以来,近港ノチウムに中心が移った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコロフォンの言及

【奥付】より

…しかし,同法は1949年に廃止され,法的制約はなくなったが,現在までほとんど変更されることなく慣行として存続し,書誌のためにも必要な事項がここに記載されている。ヨーロッパにおいても昔は奥付をつけ,とくに印刷所あるいは出版所の意匠や標章などをも印刷したもの(コロフォンcolophon)が多かったが,1520年ころからは,それらの事項を巻頭に移して記載するようになり,現今ではそれが欧米書の慣例である。したがって,巻末の奥付は日本をはじめ,中国・韓国の一部のみに見られる独特のものである。…

※「コロフォン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロフォンの関連キーワードアンティマコス[コロフォン]ヘルメシアナクスクレイタルコスクセノファネスミムネルモスニカンドロスカルカスアラクネアペレス写本

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android