コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンキリウム コンキリウムconcilium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンキリウム
concilium

集会」を意味するラテン語ローマ時代にはしばしば平民会をさした。属州にも古くから都市や各属州代表者による集会 (ギリシア語ではコイノン) があった。実質的な機能は宗教的なものが多い。ギリシア諸市のコイノンのように都市への功労者,救い手を顕彰することもあった。帝政期には西方を中心に皇帝の命令で各地に集会をつくらせ,女神ローマと皇帝への礼拝を行わせた。こうして地域的な集会が全帝国にわたって皇帝権とローマを美化する機能を果すことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android