コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンシェルジュ こんしぇるじゅConcierge

翻訳|Concierge

知恵蔵の解説

コンシェルジュ

ホテルの職域の一つで、宿泊客の様々な相談や要望に応える「よろず承り係」。航空券や観劇のチケットを手配したり、道案内やレストランの紹介をしたりするのはもちろん、時には人探しや物探しなどあらゆる要望を承り、「究極のパーソナルサービス」と言われる。顧客一人ひとりに応じたきめ細かいサービスが注目を集め、今ではホテルのみならず、観光案内所や駅、百貨店、病院など、多くの業界・企業に、コンシェルジュという制度が広がっている。
ホテルは、観光やビジネス、婚礼など、様々な目的で各国から訪れる人が利用することから、客のリクエストも多種多様である。中には、変わった相談や難しい要望もあり、そうした場合でもコンシェルジュは客をたらい回しにせずに、あらゆる知識や人脈を駆使して要望に応えようとする。そのため、日頃から幅広く情報を集めたり、取引先と良い関係を築いたりしている他、コンシェルジュ同士がホテルや企業の枠を超えてネットワークを組織している。1929年にフランスで発足した「レ・クレドール インターナショナル」は、41カ国、約3500人の会員(2010年4月現在)で構成され、コンシェルジュ同士が助け合いながら、より良いゲストサービスを追求している。
このような1つの窓口で事足りるサービスが近年、ホテル以外でも目指されるようになってきた。多くは、客が何でも相談できる窓口を設け、それに対して豊富な知識に基づいてそれぞれに合った提案をするようなサービスやその職域に対して、コンシェルジュと称しているようである。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンシェルジュ(〈フランス〉concierge)

《「コンシェルジェ」とも》
フランスの共同住宅(アパルトマン)の管理人。
ホテルで、泊まり客の求めに応じて、街の地理案内や交通機関・観劇の切符の手配などをする係。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コンシェルジュ【concierge】

〔コンシェルジェとも〕
(特にフランスで)アパートなどの管理人。
ホテルの接客係で、客の要望に応じて観光の手配、観劇券の購入、交通の案内などを行う者。
転じて、特定の分野や地域情報などを紹介・案内する人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

コンシェルジュの関連キーワードグランド・ブダペスト・ホテルモザイクタイルミュージアムアジアヘッドクォーター特区ゲストリレーションズマリ・アントアネット香坂コーリー知永子アキコ カンダアパルトマン坂口かずみ麻日奈芽実Keito吉井歌奈子ヴァーチュ室谷真由美遠近由美子西内まりや若村麻由美森山アスカStars吉谷彩子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンシェルジュの関連情報