コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス4世 コンスタンチヌスよんせいConstantinus IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス4世
コンスタンチヌスよんせい
Constantinus IV

[生]654頃
[没]685
ビザンチン皇帝(在位 668~685)。コンスタンス2世の長男。優秀な軍人政治家で,674年春から 4年連続のカリフ・ムアビアの艦隊による首都コンスタンチノープル攻撃をしのぎ,678年夏には「ギリシアの炎」と呼ばれた火器を使用するなどしてこれを撃退,イスラムの進攻をくい止めた。670年代に入るとイスペリフ指揮下のブルガール人ドナウ川を南下,討伐軍を送ったが,680年敗れ,681年ブルガリア国家の承認を余儀なくされた。また 680~681年首都で第3回コンスタンチノープル公会議を開き,キリスト単意説を否認し,キリスト両性説を正統として支持した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス4世の関連キーワード高向玄理ベネディクツス2世ヨハネス5世孝徳天皇孝徳天皇孝徳天皇孝徳天皇孝徳天皇白雉