コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチン宮殿(読み)コンスタンチンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

コンスタンチン‐きゅうでん【コンスタンチン宮殿】

Konstantinovskiy dvoretsКонстантиновский дворец》ロシア連邦北西部、レニングラード州の町ストレリナにある宮殿。1990年に「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された建造物の一。パーベル1世が息子コンスタンチン=パブロビッチに建設途中の宮殿を与え、19世紀初頭に完成。第二次大戦で破壊されたが、2003年にサンクトペテルブルグの建都300年を記念して修復が進められ、現在は大統領府の迎賓館になっている。2006年に主要国首脳会議(サミット)が行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンスタンチン宮殿の関連情報