コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンティノス1世 コンスタンティノスいっせいKonstantinos I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンティノス1世
コンスタンティノスいっせい
Konstantinos I

[生]1868.8.2. ギリシア,アテネ
[没]1923.1.11. イタリア,パレルモ
ギリシア国王(在位 1913~17,1920~22)。ゲオルギオス1世の長男。ライプチヒ大学,ドイツ陸軍士官学校卒業。1898年にドイツ皇帝ウィルヘルム2世の妹ゾフィーと結婚。1913年3月暗殺された父王の跡を継ぎ国王となった。第1次世界大戦勃発に際しては,連合軍を支持するエレウセリオス・ベニゼロス首相と対立しながらも中立を守り,イギリス=フランス軍のギリシア上陸を阻止したが,親ドイツ派として連合軍に退位を迫られ,1917年6月二男アレクサンドロスに王位を譲り,スイスに引退。戦後アレクサンドロスの死,親イギリス・フランス派のベニゼロス首相の失脚により,国民投票の結果,1920年12月に王位に復帰。しかし対オスマン帝国戦に敗れ,ニコラオス・プラスティラスによる軍事革命が起こったため,1922年9月王位を長男ゲオルギオス2世に譲り,シチリア島に亡命した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンティノス1世の関連キーワードE.K. ベニゼーロスギリシア史[近代]パンガロスパウロス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android