コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ(英語表記)Konstanty Ildefons Gałczy’nski

20世紀西洋人名事典の解説

コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ
Konstanty Ildefons Gałczy’nski


1905 - 1953
ポーランドの詩人。
ヒューマニステックな幻想と諧謔で、人間社会の愚かしさを嘲笑し、小市民生活の悲しみや喜びを風刺した。第二次世界対戦中はドイツ軍の捕虜となったが、解放後多数の詩を発表。その繊細な叙情性と風刺性はグロテスクなパロディーとして多くの読者を集める。詩の他、風刺寸劇集「緑のガチョウ」(’46〜55年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ

生年月日:1905年1月23日
ポーランドの詩人
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android