コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ(英語表記)Konstanty Ildefons Gałczy’nski

20世紀西洋人名事典の解説

コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ
Konstanty Ildefons Gałczy’nski


1905 - 1953
ポーランドの詩人。
ヒューマニステックな幻想と諧謔で、人間社会の愚かしさを嘲笑し、小市民生活の悲しみや喜びを風刺した。第二次世界対戦中はドイツ軍の捕虜となったが、解放後多数の詩を発表。その繊細な叙情性と風刺性はグロテスクなパロディーとして多くの読者を集める。詩の他、風刺寸劇集「緑のガチョウ」(’46〜55年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

コンスタンティ・イルデフォンス ガウチンスキ

生年月日:1905年1月23日
ポーランドの詩人
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android