コンセンサス・デモクラシー(英語表記)consensus democracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセンサス・デモクラシー
consensus democracy

従来の英国型の民主主義に対比される,ヨーロッパで行なわれているコンセンサスに基づく民主主義。オランダ出身の政治学者レイプハルトは,今までの民主主義が英国型 (ウェストミンスター型) に片寄りすぎていたことに批判を加え,コンセンサス型の民主主義を唱えた。大連合,多党制,均衡的二院制と少数代表,比例代表制,多次元的多党制,成文憲法と少数派の拒否権などに特徴がある。多極共存型民主主義を,より制度を中心に論じたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android