コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソン[島](読み)コンソン

百科事典マイペディアの解説

コンソン[島]【コンソン】

ベトナムの南端カマウ岬の東方海上約200kmの小島群。古くからプーロ・コンドールの名で知られ,主島コンソン島を中心に12個の小島からなる。漢字では崑崙島。少数の農民漁民が住む。1787年―1945年フランス領で流刑地として使われた。約100km2

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンソン[島]【Con Son Island】

ベトナム南部,南シナ海にある島。カマウ岬の東約200kmに位置し,12の島群からなり,主島コンソン島の最高点は584m。昔からプーロ・コンドールとして知られ,東西交通の船舶の重要な目標の一つとされた。フランス植民地時代以降は政治犯の流刑地に利用されたことで有名。ココヤシ,コーヒーの栽培も行われる。ホー・チ・ミン市(サイゴン)との間に定期船が通い,空港も開設されている。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android