コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソン[島] コンソン

2件 の用語解説(コンソン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コンソン[島]【コンソン】

ベトナムの南端カマウ岬の東方海上約200kmの小島群。古くからプーロ・コンドールの名で知られ,主島コンソン島を中心に12個の小島からなる。漢字では崑崙島。少数の農民,漁民が住む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コンソン[島]【Con Son Island】

ベトナム南部,南シナ海にある島。カマウ岬の東約200kmに位置し,12の島群からなり,主島コンソン島の最高点は584m。昔からプーロ・コンドールとして知られ,東西交通の船舶の重要な目標の一つとされた。フランス植民地時代以降は政治犯の流刑地に利用されたことで有名。ココヤシコーヒーの栽培も行われるホー・チ・ミン市(サイゴン)との間に定期船が通い,空港も開設されている。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンソン[島]の関連キーワードカムラン湾トンキン湾ベトコンベトナム語メコン川広東広南交趾支那胡志明西沙諸島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone