台風委員会(読み)タイフウイインカイ

デジタル大辞泉「台風委員会」の解説

たいふう‐いいんかい〔‐ヰヰンクワイ〕【台風委員会】

北西太平洋または南シナ海で発生する台風の観測と災害防止のための国際組織。1968年アジア太平洋経済社会委員会WMO(世界気象機関)によって設立。日本を含む12か国および2地域が参加。事務局はフィリピンマニラ、情報交換の中心「太平洋台風センター」は日本の気象庁におかれている。2000年以降、台風の国際名は参加各国語により命名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android