台風委員会(読み)タイフウイインカイ

  • たいふういいんかい〔ヰヰンクワイ〕

デジタル大辞泉の解説

北西太平洋または南シナ海で発生する台風の観測と災害防止のための国際組織。1968年アジア太平洋経済社会委員会WMO(世界気象機関)によって設立。日本を含む12か国および2地域が参加。事務局はフィリピンマニラ、情報交換の中心「太平洋台風センター」は日本の気象庁におかれている。2000年以降、台風の国際名は参加各国語により命名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android