コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソ族 コンソぞくKonso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンソ族
コンソぞく
Konso

エチオピア南西部の山地に孤立して住む集約農耕民。石積みによる雛壇耕作,灌漑,石造家屋と石造囲壁,家畜を放牧せず囲って飼い,その糞を肥料として利用することなど,古代巨石文化の諸特性を保持していることで知られる。黒人先住民にガラ族が混交して形成されたと推測される。言語はガラ語に近い東クシ語系に属し(→クシ語派),ガラ族同様ガダと呼ばれる年齢組体系を社会組織の基幹とする。雨と正義を司る神ワガが宗教の中心であり,その力を媒介する神官の制度がある。2011年,55km2におよぶ居住区域が「コンソの文化的景観」として世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンソ族の関連キーワードアルバミンチコンソ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android