コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチューリン(公主嶺)市 コンチューリンGongzhuling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチューリン(公主嶺)〔市〕
コンチューリン
Gongzhuling

中国東北地方,チーリン (吉林) 省中部,チンハー (京哈) 鉄道にのぞむ市。スーピン (四平) 特別市に属する。トンペイ (東北) 平原の中部にある交通,軍事の要地で,20世紀初頭にロシアが東支鉄道の要駅とし,広大な付属地に機関庫兵舎,病院などをおいて市街地を形成した。日露戦争後,権益を引継いだ日本が経営。 1913年設立された農事試験場は,49年トンペイ農業科学研究所となり,寒冷地での稲作の研究などに大きな成果をあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android