コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農事試験場 ノウジシケンジョウ

デジタル大辞泉の解説

のうじ‐しけんじょう〔‐シケンヂャウ〕【農事試験場】

農業に関する、技術上の試験研究・調査・分析・鑑定などを行った公設の機関。明治26年(1893)発足。第二次大戦後、多くは農業試験場などに改組されたが、中央試験場としての農事試験場は昭和56年(1981)農業研究センター改称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農事試験場【のうじしけんじょう】

農業試験場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農事試験場
のうじしけんじょう

農業技術の試験研究や調査、分析、指導などを行う機関。明治初年から農業に関しても、各種の試験研究機関が設立されてきたが、主要農産物とくに米麦に重点を置く最初の試験研究施設は1886年(明治19)農商務省農務局により東京府下の篤農(とくのう)に委託、設置した重要穀菜試作地であった。1890年には、府下西ケ原に農務局仮試験場農事部が設立され、前記試作地の事業を引き継ぎ、その成果が報告として刊行されている。1893年農事試験場官制の公布により、農務局仮試験場は農事試験場本場となり、初代場長に沢野淳(あきら)(1859―1903)が就任。本場と同時に6支場が各地に開設され、1896年にはさらに3支場が加えられたが、この体制は1903年の行政改革により支場は3支場となった。この間、道府県でも1890年代から農事試験場が設立され、国立の試験場同様、米麦の品種改良を中心に試験研究を行ってきた。1950年(昭和25)の機構改革により、農事、畜産、園芸各試験場などを統合して農業技術研究所と地域農業試験場が生れ、さらに1881年筑波農林研究団地へ移転、2001年(平成13)4月、(独)農業技術研究機構として水田・畑作、園芸・畜産などの専門研究所と、各地域の農業経営・技術研究を行うセンターが発足した。[伝田 功]
『安藤広太郎述『農事試験場設立前後の農業事情』(1950・農業発達史調査会) ▽加賀山国雄著『日本の農業と技術』(1984・日本経済評論社) ▽浅川勝・西尾敏彦編『近代日本農業技術年表―明治元年(1868)~平成10年(1998)』(2000・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

農事試験場の関連キーワードオスカル ケルナーカレッジパーク和歌山だいこん安藤 広太郎三橋 八次郎新山田穂1号鏡 保之助鋳方 末彦榎本 中衛中生新千本堀 正太郎低位生産地安藤広太郎船津伝次平大脇 正諄八木 誠政小島 銀吉ブライアン白石 代吉林 丈太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農事試験場の関連情報