コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドラチエフ・サイクル コンドラチエフ・サイクル Kondrat'ev cycles

1件 の用語解説(コンドラチエフ・サイクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンドラチエフ・サイクル
コンドラチエフ・サイクル
Kondrat'ev cycles

ソ連の経済学者 N. D.コンドラチエフが 1920年代にイギリスアメリカドイツイタリア卸売物価指数,利子率,生産量などの乗数から検出した約 50年の周期をもつ経済の長期循環。その例として,第1回目は 18世紀末から 19世紀なかばまでの期間の産業革命とその後の低迷期,第2回目は 19世紀なかばから 19世紀末までの鉄道・鉄鋼業の発達とその後の反動期,第3回目は 19世紀末から 1930年代の不況期にいたる電力・化学・自動車工業を中心とする景気拡大とその終了であると指摘した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンドラチエフ・サイクルの関連キーワードコンドラチェフコンドラチェフ循環コンドラチェフの波食料経済学コンドラチエフの波レオンチエフの逆説関根友彦室田武コンドラチエフ,N.D.コンドラチエフ循環

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone