コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンド族 コンドぞくKhond; Kond; Kondh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンド族
コンドぞく
Khond; Kond; Kondh

インドのオリッサ州最大の指定部族。焼畑農耕民で,言語は主としてドラビダ語族のクイ語を話す。人口約 80万以上と推定される。 19世紀中期まで穀物の豊作,住民の繁栄を祈るための地母神に捧げられる人身供犠習俗をもっていたことで知られる。州政府の政策により,1970年代までにヒンドゥー文化の影響を受けて,急速に文化が変化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンド族の関連キーワードプールバニ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android