コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンナルス Connarus

世界大百科事典 第2版の解説

コンナルス【Connarus】

約100種あまりを有するコンナルス科コンナルス属の木本性植物(イラスト)。世界の熱帯域に広く分布する。よく分枝する低木や高木で,しばしばつる状になり,二次林や路傍に多い。葉は互生し,葉柄基部にはマメ科と同じように葉枕が発達するが,托葉はない。小型の花は枝端の円錐状花序に多数むらがってつき,豆のような1個の種子を有する実をつける。 コンナルス属は,熱帯各地で実や種子,あるいは樹皮民間薬として地方的に利用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コンナルスの関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android