コンニャクイワシ(読み)こんにゃくいわし

  • Alepocephalus umbriceps
  • lickhead
  • こんにゃくいわし / 蒟蒻鰮

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱ニギス目セキトリイワシ科の深海魚。北海道以南の太平洋、オホーツク海中央部、沖縄舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、前部ではやや円筒状で、後部では側扁(そくへん)する。頭は著しく大きく、体高よりも長い。吻(ふん)は短く丸く、眼径および両眼間隔幅よりもわずかに長い。口は目の中央下まで開く。鰓耙(さいは)は扁平で長く、最長のものは鰓弁よりも長い。体は小さい長楕円形の円鱗(えんりん)で覆われるが、頭は無鱗。側線は体の中央部を直送し、その上に67~70枚の鱗(うろこ)がある。背びれはおよそ肛門上方から始まる。腹びれは胸びれと臀(しり)びれの両起部のおよそ中間に位置する。体は暗褐色で、頭は真黒色。体長38センチメートルほどになる。500~2000メートルの深海域に生息し、底引網できわめてまれにとれる。食用としての価値はほとんどない。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンニャクイワシの言及

【セキトリイワシ】より

…肉は水分を多く含み食用には不適。日本産のセキトリイワシ科Alepocephalidae魚類には,同属のタナカセキトリをはじめ,ハゲイワシ,コンニャクイワシ,クログチイワシ,ウケグチイワシ,ツブイワシなどが知られており,いずれも深海性で著しく柔軟な体をもち,食用にはならない。本科魚類の分類は未確立であり,今後の研究の進展により,さらに多くの類縁種が日本近海から報告されるであろう。…

※「コンニャクイワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android