コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパクト型蛍光灯 コンパクトがたけいこうとう

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

コンパクトがたけいこうとう【コンパクト型蛍光灯】

蛍光灯の発光管をU字に曲げ、小型化したもの。白熱電球に比べて3分の1程度のワット数で同じ明るさに相当するなど、電力を削減できるのが利点。価格は高いが、寿命が数倍と長いので経済的でもある。同様の性能をもつ電球形蛍光灯のように安定器(蛍光ランプを点灯させるための機器)を内蔵しておらず、口金も白熱電球とは方式が異なるため、白熱電球用の照明器具には使えず、専用のものを要する。◇「コンパクト型蛍光ランプ」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

コンパクト型蛍光灯の関連キーワード小型変形蛍光灯

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android