コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口金 クチガネ

4件 の用語解説(口金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くち‐がね【口金】

器物の口につける金具。「バッグの口金
電球の根元の金属製の部分。
槍の穂をしっかりと柄(え)の先につける金具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

口金

ランプをソケットにはめ込んで、電流に接続する部分の事。口金の最も一般的なものは、ねじ込み形のもので、他にハロゲンランプなどで、用いられている差込み形のものなど、使用するランプによって様々な形状のものがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くちがね【口金】

入れ物の口もとをとめる金具。 「ハンドバッグの-」
電球の,ソケットにねじ込む金属の部分。
やりの穂などの部分をしっかりと保持するため柄の先にはめる金具。 → のみ
調理器具の一。クリームなどで飾りを施す際,絞り袋の先につける器具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

くちがね【口金】

しぼり出し袋の先につけて用いる器具。高さ3~5cmくらいの円錐形で先端に花形・星形などの穴があいていて、袋に入れたホイップクリームなどを穴からしぼり出し、ケーキの装飾などに用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口金の関連キーワードCPUソケットソケットカードエッジコネクター箱スパナウオーニングランプ陥め句填め込み填め込むメモリーソケット架線電流計

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口金の関連情報