コンピテンシーモデル

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

コンピテンシーモデル

コンピテンシーとは、「活躍する人が特徴的に持つ行動や考え方」のことです。たとえば、大リーグで活躍するシアトルマリナーズのイチロー選手は、「活躍している人」であることを多くの人が認めると思います。このとき、自分もいずれは大リーグで活躍したいと考える野球選手は、「イチロー選手は行動や考え方にどんな特徴があるんだろうか?」と分析し、イチロー選手ならではの優れた行動や考え方を自分の中に取り入れ、自分の飛躍のヒントとします。つまり、大リーグを目指す野球選手にとって、松井選手はコンピテンシーモデル(=模範とする活躍者)になり得るわけです。コンピテンシーモデルを求めるのは、自分の成長や成功のためです。成長や成功を目指すにあたって忘れてならないのは、「自分の中のコンピテンシー=自分のよき行動特性や考え方」、もっと簡単にいえば、「自分の長所や武器、特徴」に目を向けることです。そのためにも以下のことを心がけましょう。■自分がやる気になって頑張れる世界を探す■自分のコンピテンシーを意識して伸ばす■コンピテンシーモデルから吸収し自分のコンピテンシーを増やす、さらに伸ばす

出典 マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android