コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンラート4世 コンラートよんせいKonrad IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンラート4世
コンラートよんせい
Konrad IV

[生]1228.4.25.
[没]1254.5.21. ラベロ
ホーエンシュタウフェン朝最後のドイツ王,シチリア王 (在位 1250~54) 。父の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世から皇帝位を譲られたが,ローマ教皇より父がしばしば破門 (27,39,45) されていたため,帝位は与えられなかった。 1246年チューリンゲン地方伯ハインリヒ・ラスペ,翌年ウィルヘルム・フォン・ホラントが国内諸侯の支援を受けて対立王となったため,その抗争に苦しんだ。 50年父王の死後シチリア王位を兼ねたが,教皇,イタリア諸都市の反抗にあい,51年シチリアの世襲領を救援するため遠征し,帰途ラベロで病没。以後 73年まで神聖ローマ帝国大空位時代が続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

コンラート4世

生年月日:1228年4月26日
ドイツ国王(在位1237〜54)
1254年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

コンラート4世の関連キーワードタリアコッツォの戦いメッシーナ大聖堂コンラディンマンフレート生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android