コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コン症候群 コンショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

コン‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【コン症候群】

Conn syndrome副腎(ふくじん)皮質に生じた腫瘍(しゅよう)により、アルドステロン(ステロイドホルモンの一種)が過剰に分泌される病態。高血圧・多飲・多尿・筋力低下や知覚異常をきたす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コン症候群
コンしょうこうぐん

アルドステロン症」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコン症候群の言及

【副腎】より

…なお髄質は,皮質のように生命保持上絶対必要なものではなく,働きが衰えても,交感神経が残っているかぎり,ノルアドレナリンの分泌が起こり,あまり影響をうけない。
[副腎の異常・病気]
 副腎の機能異常については種々の疾病が見つかっているが,おもなものとしては,副腎皮質の機能亢進,ことに糖質コルチコイドによる影響で起こるクッシング症候群や,アンドロゲンの過剰産生で起こる副腎性器症候群,高アルドステロンにより高血圧を起こすコン症候群(原発性アルドステロン症)があり,また皮質機能低下としてはアディソン病などがあげられる。【藤田 尚男】。…

※「コン症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android