コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーカバン Kawkaban

デジタル大辞泉の解説

コーカバン(Kawkaban)

イエメン西部の町。首都サヌアの北西約50キロメートルに位置する。シバームとは高さ約350メートルの断崖によって上下に分かれ、双子都市を形成する。断崖の下部に位置するシバームは主に農業と交易を担い、上部のコーカバンは有事の際に防御のための城塞の役割をもつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android