コージコード(英語表記)Kozhikode

デジタル大辞泉の解説

コージコード(Kozhikode)

インド南部、ケララ州の都市。旧称カリカットアラビア海に面し、港湾をもつ。1498年にバスコ=ダ=ガマが到着。その後、ポルトガルの貿易拠点が置かれ、英国、フランス、デンマークなどが領有した。コショウコプラ、コーヒーなどの積出港となっている。コジコーデ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android