コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コースト・レーンジズ[山脈] Coast Ranges

翻訳|Coast Ranges

1件 の用語解説(コースト・レーンジズ[山脈]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コースト・レーンジズ[山脈]【Coast Ranges】

北アメリカ大陸西岸を太平洋に沿って延びる山脈の総称で,〈海岸山脈〉の意。合衆国の南カリフォルニアから北上しオレゴン州ワシントン州カナダのブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー島クイーン・シャーロット諸島を経て,合衆国アラスカ州セント・エライアス山脈,キーナイ半島,コディアク島へと続く。おもに褶曲や断層を受けた堆積岩からなり,高峰は少なく丘陵の連続体をなす。北部は多雨で森林に恵まれるが,南部では長く乾燥した夏と温和な冬が特徴的であり,山脈東側には,セントラルバレーやウィラメット・バレーがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコースト・レーンジズ[山脈]の言及

【アメリカ】より

…環太平洋造山帯の一部を構成するコルディレラ山系が北アメリカ大陸北部のアラスカから南アメリカ大陸南端のフエゴ島まで続き,両大陸の西部山地の骨格を形成している。北アメリカ大陸のコルディレラ山系はロッキー山脈,カスケード山脈,コースト・レーンジズ(海岸山脈)などの数列の山脈から構成され,これらの山脈の間にはコロンビア高原,コロラド高原,グレート・ベースン(大盆地)などの山間高原がある。この山系は第三紀の褶曲山地であり,自然美に富み,イェローストーン,ヨセミテ,グランド・キャニオンなど多くの国立公園がある。…

※「コースト・レーンジズ[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コースト・レーンジズ[山脈]の関連キーワードアメリカインディアン諸語アングロアメリカ北アメリカアメリカ杉環太平洋北米亜米利加上り鰹パシフィックリム汎アメリカ主義

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone