コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーバー Cobar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーバー
Cobar

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州中央部,シドニーの北西 771kmにある町。かつて金,銅の産地として知られたが,1953年に閉山。 65年に銅の採掘が再開され,ウロンゴングのポートケンブラ地区の精錬所に送られる。この地方の牧畜,林業の集散地。人口 4287 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コーバーの関連キーワードデービッド・カパーフィールドデビッド・カパーフィールドエドワード(7世)ビクトリア(女王)エドワード[7世]ジョージ(5世)ウィンザー[家]ジョージ[5世]オールド・ビックオールド・ビックジョン マレーラムサール条約アーネムランドトゥカーラームエドワード7世プリチェットハノーバー家ハノーバー朝ウィンザー朝ウィンザー家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーバーの関連情報