コーベ・クロニクル(読み)こーべくろにくる(英語表記)The Kobe Chronicle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーベ・クロニクル
こーべくろにくる
The Kobe Chronicle

1891年(明治24)10月2日にイギリス人ロバート・ヤングRobert Youngが創刊した日刊英字新聞。神戸で初めてロイター通信と契約するなど着々と地歩を固め、99年には有力対抗紙『ヒョーゴ・ニュース』を買収して夕刊紙に改め、2月から『ヒョーゴ・イブニング・ニュース』を発行した(9月にヒョーゴ・ニュース社が焼失したため合併)。1905年(明治38)1月『ジャパン・クロニクル』The Japan Chronicleと改題し、随一の英字紙として勢威を振るったが、日中戦争が始まると、外務省の英字紙一本化政策によって、40年(昭和15)12月『ジャパンタイムズ』The Japan Timesに併合された。『クロニクル』の論調は当初日本に好意的だったが、しだいに対日批判が厳しくなり、のちには反日新聞の代表といわれた。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android