コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンクラッシャー cone crusher

デジタル大辞泉の解説

コーン‐クラッシャー(cone crusher)

砕石機の一種。おもに3~100ミリの砕石製造用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコーンクラッシャーの言及

【粉砕機】より

…ジョークラッシャーが装置寸法のわりに,大きな粒子(大塊)を粉砕する能力に優れているのに対し,ジャイレートリークラッシャーは処理能力が大きく,粉砕効率が高いという点に特徴がある。(3)コーンクラッシャーcone crusher ジャイレートリークラッシャーよりも頂角の大きいクラッシングヘッドと円錐形のマントルとの間で,クラッシングヘッドの旋回運動によって原料粒子を粉砕する中砕~細砕用の破砕機である。クラッシングヘッドは通常球面すべり軸受によって支持されており,一方,マントルは多数の保護ばねを介して取り付けられている。…

※「コーンクラッシャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コーンクラッシャーの関連キーワード砕石機選鉱

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android