石塊(読み)せっかい

精選版 日本国語大辞典「石塊」の解説

せっ‐かい セキクヮイ【石塊】

〘名〙 石のかたまり。石ころ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「牽上るものは、特に海草石のみなりければ」 〔酉陽雑俎‐巻一八〕

いし‐ころ【石塊】

〘名〙 石の小さいもの。小石。石のかけら。いしくれ。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「あけてみればみないしころ

いしっ‐ころ【石塊】

〘名〙 「いしころ(石塊)」の変化した語。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)四「またぐらのかりこみ石っころでする」

いし‐くれ【石塊】

〘名〙 石のかけら。石ころ。小石。〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「石塊」の解説

いし‐くれ【石塊】

石のかけら。小石。いしころ。
[類語]石ころ小石れき石礫せきれき礫石れきせき石塊せっかい転石てんせき砂利じゃり砕石ごろた石つぶて玉石割り栗石さざれ石火打ち石

いし‐ころ【石塊】

小さな石。小石。いしくれ。
[類語]小石石くれ砕石ごろた石れき石礫せきれき礫石れきせき石塊せっかい転石てんせき砂利じゃりつぶて玉石割り栗石さざれ石火打ち石

せっ‐かい〔セキクワイ〕【石塊】

石のかたまり。石ころ。
[類語]石ころ石くれ小石れき石礫せきれき礫石れきせき転石てんせき砂利じゃり砕石ごろた石つぶて玉石割り栗石さざれ石火打ち石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android