コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴニジア ゴニジアgonidium

2件 の用語解説(ゴニジアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴニジア
ゴニジア
gonidium

ゴニディア。緑顆体ともいう。地衣類の体内に,菌類と共生の状態で存在する藻類細胞の集りをいう。地衣体内にあって光合成を行う。種類としては藍藻類か緑藻類が普通である。ゴニジアが髄層内に一様に散在するものを同層地衣,一定の層状分布をするものを異層地衣という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゴニジアの言及

【地衣類】より

…地衣体の大部分を構成する菌類は,子囊菌類,担子菌類,不完全菌類で,それぞれ藻類と共生したものを子囊地衣類,担子地衣類,不完全地衣類と呼ぶ。共生藻はゴニジアgonidiaとも呼ばれ,緑藻類やラン藻類に属し,トレブクシア属TrebouxiaネンジュモNostocスミレモTrentepohliaが多い。 地衣体の外部形態はさまざまであるが,地衣体が未分化で基物に密着する固着地衣類(例,チズゴケ),地衣体が葉状で背腹性があり,裏面に仮根(偽根)や臍状体(さいじようたい)をもつ葉状地衣類(例,ウメノキゴケイワタケ),地衣体の基部で基物に付着し,立ち上がったり垂れ下がったりする樹枝状地衣類(例,サルオガセハナゴケ)の三つに大別できる。…

※「ゴニジア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone