コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍藻類(読み)らんそうるい(英語表記)Cyanophyta; blue-green algae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍藻類
らんそうるい
Cyanophyta; blue-green algae

藻類の一門。単細胞のもの(→単細胞生物),糸状をなすもの(→糸状体),寒天質の物質に包まれ群体をなすものなどがある。同化色素としてクロロフィルa(→葉緑素),フィコシアニンフィコエリトリンなどを有し,細胞壁にはペクチンセルロースヘミセルロースなどをもつ。真正のはないが中心体質に核物質を有し(→原核細胞),周辺体質に同化色素などの色素を含んでいる。同化産物は藍藻デンプンといいグリコーゲン状の物質である(→グリコーゲン)。イワヒゲノコブ,アイミドリなど海産のものもあるが,大部分は淡水産で,しばしば湿った岩上や地面に生じる。スイゼンジノリ,アネガワクラゲ,アシツキ,ハッサイ(→ノストック)など食用になるものがある。アドルフ・エングラーの植物分類体系では,分裂菌すなわち細菌類と一つにして分裂植物としているが,この考えは無核界 Akaryobiontという生物群を考える人々と通じている。藍藻類と細菌類には以下のような共通点がある。(1) デオキシリボ核酸 DNAはあるが真正の核という構造はない。(2) 膜に囲まれたミトコンドリアの構造はない。(3) 葉緑体は外膜を欠き独立した小体にならない。(4) 細胞内に真の液胞をもたない。(5) 遊離窒素固定能力をもつものがある(→窒素固定菌)。(6) ユレモ類,硫黄細菌のように,運動するものがある。(7) リブラリア,カロスリックスのように,偽分枝をするものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

藍藻類

 光合成を行う単細胞藻類で,多数の単細胞が集合して糸状や塊状の群を形成する.ネンジュモ科のスイゼンジノリはこれに属する.核や色素体はない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

らんそうるい【藍藻類】

下等な藻類の一群。細胞膜を有するが細胞核の構造はなく、核の要素となる物質は細胞質の中心部に溶け込んでいて、その周辺部分には同化色素その他の色素が含まれている。単細胞のもの、糸状体になるもの、群体を形成するものなどがあり、プランクトンや底生生物もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android