コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴビアルタイ山脈 ゴビアルタイさんみゃくGovǐ-Altayn nuruu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴビアルタイ山脈
ゴビアルタイさんみゃく
Govǐ-Altayn nuruu

モンゴル南部にある東西方向の山脈。アルタイ山地の南東の支脈で,モンゴルアルタイ山脈の延長上にある。北西端のバヤンツァガン山から南東端のフルフ山地まで全長約 600km。並行する多くの支脈や山地から成り,標高は 1500~2500m。最高点はイフボグド山で 3957m。花崗岩,砂岩,石灰岩などから成り,降水量が少いために山麓から3分の2までが礫質砂漠,その上はステップである。野生のヤギ,ヒツジ,ヤマネコ,オオカミなどのほか,アンテロープが数百から数千頭の群れをつくって生息する。大規模な地震のみられる地域でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴビアルタイ山脈の関連キーワードバヤン・ホンゴルバヤンホンゴル州モンゴル高原アルタイ山脈ウムヌゴビ州ゴビ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android