コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴミ発電システム ゴミはつでんシステムpower generation combined with refuse incinerator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴミ発電システム
ゴミはつでんシステム
power generation combined with refuse incinerator

家庭あるいはオフィスビル等から出る都市ゴミを,有効に利用して発電を行なうシステム。都市ゴミの多くは収集された後,清掃工場で焼却処理される。そこで焼却場にボイラを取り付け焼却熱で蒸気を発生させて発電するシステム,さらに発電した後の余熱を地域の暖房・冷房に使用するコジェネレーションシステムが考えられる。このほか,都市ゴミを焼却せず,キルン等でまず加熱処理を行なって熱分解ガスを得た後それを燃焼させ,ガスタービン発電機を駆動して電力を得るとともに余剰の熱で蒸気などをつくる方式も,有効な方策として研究されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android