コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンサレス・プラダ Manuel González Prada

1件 の用語解説(ゴンサレス・プラダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンサレス・プラダ【Manuel González Prada】

1848‐1918
ペルーの作家,政治家。リマの貴族の家系に生まれながらも,教会はじめ19世紀末ペルーのいっさいの伝統権威を批判し続けた反体制派知識人。特に太平洋戦争(1879‐83)中は,リマからチリ占領軍が撤退するまでは自宅を一歩も出なかったほどの愛国者として有名で,敗北の原因を軍人,大地主,商人といった寡頭的支配体制の責任として鋭く糾弾した。また多数を占めるインディオ住民こそが国の基盤を形成すべきであるとして,その復権を国の制度的民主化とともに唱え,ペルーのインディヘニスモ運動の先駆的存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゴンサレス・プラダの言及

【インディヘニスモ】より

…独立後,イギリスの主導のもとに,資本主義経済が発展し,原住民共同体の破壊が進行したが,特に19世紀末,欧米諸国の強烈な資本進出が始まって以来,事態はきわめて深刻なものとなった。ペルーでのこの運動は,こうした政治経済状況を反映して,民族国家や原住民共同体の将来を危惧する中産階層(M.ゴンサレス・プラダ,J.ブスタマンテ,J.カペロら)が国民経済の形成や民族国家を志向していく中で展開されたが,運動は概して政治,法律,教育などの側面に限定されていた。20世紀になり,この地域が世界の資本主義構造にさらに大きく包みこまれていく中で,マリアテギは前記のように問題の本質を明確にしたが,社会主義的復権運動の理論構築が十分になされないまま夭折したため,1930年代になると運動は停滞した。…

※「ゴンサレス・プラダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴンサレス・プラダの関連キーワードマリネーラスクルペルペルージアペルージャペルージャ大聖堂アパルーサの決闘ペルシャの市場にてリトル・ボーイ・ブルーペルー・ドッグペルビアン・ステッパー種 (Peruvian Stepper)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone