コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンファロニエーレ gonfaloniere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンファロニエーレ
gonfaloniere

中世イタリアの都市国家における最高執政官の称号。一般には中世ヨーロッパにおいて軍旗あるいは国旗の守護者をさしたが,フィレンツェその他のイタリア都市では市政上の特別の機能を有した。初めは市民軍の司令官をさした呼称であったが,13世紀末に Gonfaloniere di Giustizia (正義の旗手) という役職が設けられ,貴族層から民衆を保護する任務を与えられた。この役職保持者は次第に市の最高執政官の権限を持つようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴンファロニエーレの関連キーワードアレクサンデル(6世)コジモ・デ・メディチペルッツィ家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android