コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーリ ゴーリGori

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーリ
Gori

ジョージア(グルジア)中部の都市。首都トビリシの西北西約 60km,大リアフビ川がクラ川に合流する地点にある。ジョージアの古都で,7世紀に起源をもつ。スターリンの生地。革命後工業が発展し,綿織物コンビナートがあるほか,食品工業が行われる。教育大学,歴史・民族博物館がある。トビリシとバトゥーミを結ぶ鉄道が通り,ツヒンバリへの支線がここで分岐する。人口5万 9000 (1983推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴーリの関連キーワードネミロビチ・ダンチェンコアレクセイ グリーボフソビエト連邦作家同盟ニージニーノブゴロドイワン シラーエフ幻想ギネコクラシーニジニ・ノブゴロドニジニーノブゴロドマーク ドンスコイアナセン・ネクセーV. ギンスブルグゴーリキー公園ゴーリキー通りポクロフスキーエーゲ海の天使アシュケナージアーンドラ美術ニジェゴロド州キム レーホシャリアピン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴーリの関連情報