ゴールデン

精選版 日本国語大辞典「ゴールデン」の解説

ゴールデン

〘語素〙 (golden) 他の語の上に付けて、「金のように価値がある」「貴重な」「金色の」のを表わす。
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉八「此節の流行のゴォールデンヘヤの令嬢と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ゴールデン」の解説

ゴールデン(golden)

多く複合語ので用い、金色の、黄金のように価値のある、などの意を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android