コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅花圃 みやけかほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅花圃
みやけかほ

[生]明治1(1868).12.23. 東京
[没]1943.7.18. 東京
女流小説家,歌人。本名,竜子。東京高等女学校卒業の前年『藪の鶯』 (1888) を発表,近代女流作家の先駆として注目された。その後短編集『みだれ咲』 (92) などを発表。三宅雪嶺と結婚,夫の主宰する『女性日本人』の歌壇を担当。『文学界』にも関与,樋口一葉に小説を書かせるきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三宅花圃【みやけかほ】

小説家,歌人,随筆家。本名竜子(たつこ)。東京本所生れ。東京高等女学校卒。三宅雪嶺の妻。坪内逍遥が校閲した処女作藪の鶯》は開化期風俗で注目された女学生の生活を描き,出世作となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅花圃 みやけ-かほ

1869*-1943 明治-大正時代の小説家。
明治元年12月23日生まれ。田辺太一の長女。三宅雪嶺(せつれい)の妻。明治21年坪内逍遥(しょうよう)の推挙で,開化期の女学生像をえがいた「藪(やぶ)の鶯(うぐいす)」を刊行。中島歌子の歌塾での同門樋口一葉を文壇に紹介した。大正9年夫とともに「女性日本人」を創刊。昭和18年7月18日死去。76歳。東京出身。東京高女卒。本名は竜子(たつこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやけかほ【三宅花圃】

1868~1943) 歌人・小説家。東京、本所生まれ。本名は竜子。雪嶺の妻。東京高女卒。中島歌子に学び樋口一葉の先輩。小説「藪の鶯」で文名があがる。著「みだれ咲」「花の趣味」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅花圃
みやけかほ
(1868―1943)

小説家、随筆家。東京・本所生まれ。本名田辺龍子(たつこ)、のち三宅姓。中島歌子の塾(萩(はぎ)の舎(や))などで学び、1889年(明治22)東京高等女学校卒業。88年、開化の風俗を活写し軽薄な欧化主義を批判した処女作『藪(やぶ)の鶯(うぐいす)』を刊行、世に認められた。短編小説を書き継ぎ、92年三宅雪嶺(せつれい)と結婚。その後も『露のよすが』『萩桔梗(はぎききょう)』(ともに1895)、『空行月(そらゆくつき)』(1896)、『蛇物語』(1897)などを発表。1920年(大正9)夫とともに『女性日本人』を創刊、以後はほとんど毎号婦人問題についての随筆感想を同誌に掲載した。野村望東尼(もとに)伝『もとのしづく』(1901)もある。[橋詰静子]
『『明治文学全集81 明治女流文学集(1)』(1966・筑摩書房) ▽塩田良平著『三宅花圃』(『現代文学講座3』所収・1961・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三宅花圃の言及

【三宅雪嶺】より

…和漢洋におよぶ学識の広さと在野的立場ゆえ,堺利彦,幸徳秋水,岩波茂雄をはじめ私淑者が多い。妻は女流作家の三宅花圃,女婿に政治家の中野正剛がおり,1943年文化勲章を授与された。著書73冊。…

※「三宅花圃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅花圃の関連キーワード女流文学大正時代田辺夏子萩桔梗文名

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android