コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイクロップス計画 サイクロップスけいかくCyclops plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイクロップス計画
サイクロップスけいかく
Cyclops plan

1971年の夏,カリフォルニア州にあるアメリカ航空宇宙局 NASA所属のエームス研究所で開かれた星間通信の技術的問題に関する研究会で,地球外の知的生命からの信号電波をとらえるために二十数人の科学者技術者が設計を試み,研究が開始された大アンテナ群建造計画。その内容は直径約 100mのパラボラアンテナ約 1400個を直径約 16kmの円形領域をおおうように配置し,各アンテナに波長 10~60cmの宇宙電波検出をコンピュータと連動して分担させ,1個の星を 1000秒ずつ,1000光年以内の可能性のあるすべての星を 30年間で調べつくそうというもの。この大アンテナ群は銀河系内や数十万光年以内の他の銀河の知的生命からの信号電波まで探知できる受信システムとして考案され,送信機としても使えるように設計された。この計画の名前は,宇宙を監視する大きな一つ目ということから,ギリシア神話に登場する一つ目の巨人サイクロップスにちなんでつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サイクロップス計画の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android