コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバー攻撃特別捜査隊 さいばーこうげきとくべつそうさたい

1件 の用語解説(サイバー攻撃特別捜査隊の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

サイバー攻撃特別捜査隊

サイバー犯罪の捜査・情報収集を専従的に担う警察の組織。政府機関や民間企業を狙ったサイバー攻撃の急増を受け、警察庁が2013年4月1日に新設した。13都道府県警(北海道、宮城、東京、茨城、埼玉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、香川、福岡)に設置され、合わせて約140人の専従捜査員が任務に当たる。捜査員は、サイバーテロなどの捜査に従事してきた警察職員のほか、情報通信技術に専門的な知見を持つ警察職員や民間企業の技術者、語学能力の高い警察職員などで構成。警察庁や各管区警察局情報技術部隊サイバーフォースとも連携し、サイバー攻撃の特徴や背後組織などの分析、被害の未然防止などを行う。

(2013-4-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイバー攻撃特別捜査隊の関連キーワードハイテク犯罪FBI連邦捜査局公開捜査サイバーサイバーカフェサイバー犯罪条約情報弱者HUMINT捜査協力者

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイバー攻撃特別捜査隊の関連情報