コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバー攻撃特別捜査隊 さいばーこうげきとくべつそうさたい

1件 の用語解説(サイバー攻撃特別捜査隊の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

サイバー攻撃特別捜査隊

サイバー犯罪の捜査・情報収集を専従的に担う警察の組織。政府機関や民間企業を狙ったサイバー攻撃の急増を受け、警察庁が2013年4月1日に新設した。13都道府県警(北海道、宮城、東京、茨城、埼玉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、香川、福岡)に設置され、合わせて約140人の専従捜査員が任務に当たる。捜査員は、サイバーテロなどの捜査に従事してきた警察職員のほか、情報通信技術に専門的な知見を持つ警察職員や民間企業の技術者、語学能力の高い警察職員などで構成。警察庁や各管区警察局情報技術部隊サイバーフォースとも連携し、サイバー攻撃の特徴や背後組織などの分析、被害の未然防止などを行う。

(2013-4-2)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイバー攻撃特別捜査隊の関連情報