コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバーテロ さいばーてろ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サイバーテロ

インターネット上の大規模な破壊活動のこと。社会的な統制機能に打撃と混乱を与えるような深刻かつ悪質なものを呼ぶ。サイバーとは、コンピューターネットワークに関するという意味。サイバネテックスの略。物理的な破壊ではなく、サイト上のデータの書き換えや破壊、コンピューターウイルスの大規模な配布、サーバーや通信回線をパンクさせて停止に追い込むなど様々な手口がある。アメリカではFBIやCIA、軍などが中心となって大掛かりな対策が講じられている。日本でも警察庁が「サイバーフォース」を編成したほか、欧州評議会が2001年にサイバー犯罪条約を採択し、日本も審議にはオブザーバーとして加わり、署名をした。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

サイバーテロ

ネットワークを利用して行われるテロ行為。厳密な定義は存在しないが、コンピューター・ウイルス不正アクセスなどを利用してサーバーのサービス提供を不可能にする、データ改ざんを行うといった破壊行為のうち、政治、宗教的信条に基づいて実行されるものを指すと解される。政府関連のサーバーのほか、報道機関や地方公共団体が被害に遭うことが多いが、ときに中小企業や個人のウェブサイトも標的にされる。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

サイバーテロ

cyberterrorismから》コンピューターネットワーク上で行われる破壊活動。特に社会インフラに深刻なダメージを与えることや、国の安全保障に関わる悪質な犯罪を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

サイバーテロ

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて行われる大規模な破壊活動。情報技術関連のインフラに甚大かつ深刻な被害をもたらしたり、国防上の重要なコンピューターシステムを破壊したりする犯罪行為を指す。◇「サイバーテロリズム(cyberterrorism)」から。「サイバー攻撃」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

サイバーテロ

国家や社会基盤の混乱を目的に、それを維持するために必要な情報システムへの侵入・破壊工作を行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイバーテロ
cyberterrorism

コンピュータおよびコンピュータネットワーク(サイバースペース〈電脳空間〉)におけるテロリズム。警察庁は「重要インフラの基幹システムに対する電子的攻撃又は重要インフラの基幹システムにおける重大な障害で電子的攻撃による可能性が高いもの」と定義している。小規模で政治的意図をもたないものも含めてサイバー攻撃 cyberattackと呼ばれ,特に国家軍隊が主体となる場合にサイバー戦争 cyberwar; cyberwarfareなどの語も用いられる。今日世界的に,インフラストラクチャーや企業活動など,社会の多くの側面が情報技術に依拠しており,サイバーテロの及ぼす社会的な影響は甚大なため,安全保障上でも対応の重要性が高まっている。政府や地方公共団体,エネルギーや交通などインフラストラクチャー関連,金融機関や報道機関のシステムなどが攻撃されることが多い。手段としてはコンピュータウイルス,トロイの木馬,スパイウェア,ワームなどマルウェアと呼ばれるソフトウェアによるものなどがあり,分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)と呼ばれる,マルウェアによって多数のコンピュータを乗っ取り,コンピュータの集合体(ボットネット)を構築して,標的のコンピュータを攻撃する手法も多く用いられる。サイバーテロは物理的テロに比して匿名性が高く,抑止が難しいとされる。国家規模のサイバー防衛機構のおもな要素は,ファイアーウォール,データの暗号化,ネットワーク侵入者の探知,設備機器の物理的安全確保,ネットワーク利用者の訓練と監視などである。(→コンピュータセキュリティコンピュータ犯罪

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイバーテロ
さいばーてろ
cyber terrorism

インターネット上で行われるテロリズム。警視庁のサイバーテロ対策協議会では、以下のように説明している。「重要インフラストラクチャーの基幹システムに対する電子的攻撃または基幹システムにおける重大な障害で、電子的攻撃による可能性が高いもの」「一般的にはコンピュータ・システムに侵入し、データを破壊、改竄(かいざん)するなどの手段により、国家または社会の重要な基盤を機能不全に陥れる行為」。
 インターネットを通じて個別のサーバー(データを送信する側)やパソコンに侵入して情報などを奪う行為である「サイバー攻撃」(クラッキング)の一種で、政治的な意図をもって大規模な破壊行為を行う場合をサイバーテロとよぶことが多い。攻撃対象は政府や大企業のシステムである。「アノニマス」とよばれる国際的なクラッキング集団の示威行動や、政府の機密情報を盗み出してそれを新聞社などに開示する「ウィキリークス」の活動をサイバーテロに含めることもある。中国人民解放軍がアメリカや日本の政府のシステムに組織的に繰り返し侵入するなど、実行者が国家機関の場合もあり、安全保障問題に直結するようになってきている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サイバーテロの関連キーワードcyber force center内閣官房情報セキュリティセンターコンピュータ・ネットワークサイバーセキュリティ戦略サイバー攻撃特別捜査隊SQLインジェクションハクティビストサイバー防衛隊情報システムサイバー犯罪クラッキング情報化社会ネット犯罪標的型攻撃目的

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイバーテロの関連情報