コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイフ・アッダウラ Sayf al‐Dawla

世界大百科事典 第2版の解説

サイフ・アッダウラ【Sayf al‐Dawla】

916‐967
シリアのハムダーン朝の君主。在位945‐967年。名は〈国家の剣〉を意味する称号。モースルからイフシード朝治下の北シリアに侵攻して諸都市を陥れ,アレッポを中心にモースルのハムダーン朝政権から独立した政権を興した。この時期,たまたま強盛であったビザンティン帝国の攻撃からシリアを防衛する一方,哲学者ファーラービー,詩人ムタナッビー,《歌の書》の著者イスバハーニーなどの文人,学者を保護した。【後藤 晃】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサイフ・アッダウラの言及

【ハムダーン朝】より

…アブド・アッラーフ‘Abd Allāh(在位905‐929)がモースル総督に任命されたのに始まり,その息子ナーシル・アッダウラNāṣir al‐Dawla(在位929‐969)は大アミール(在任942‐943)としてアッバース朝の政界にも介入したが,979年,ブワイフ朝によって征服され,以後はその保護下に立ち,991年にウカイル朝マルワーン朝によって分割され滅びた。一方,ナーシル・アッダウラの弟サイフ・アッダウラSayf al‐Dawla(在位944‐967)はアレッポに拠ってシリアのハムダーン朝を開き,よくビザンティン帝国に対抗し,文人・学者を保護した。のちファーティマ朝の圧迫を受け,1004年に併合された。…

【ハムダーン朝】より

…アブド・アッラーフ‘Abd Allāh(在位905‐929)がモースル総督に任命されたのに始まり,その息子ナーシル・アッダウラNāṣir al‐Dawla(在位929‐969)は大アミール(在任942‐943)としてアッバース朝の政界にも介入したが,979年,ブワイフ朝によって征服され,以後はその保護下に立ち,991年にウカイル朝マルワーン朝によって分割され滅びた。一方,ナーシル・アッダウラの弟サイフ・アッダウラSayf al‐Dawla(在位944‐967)はアレッポに拠ってシリアのハムダーン朝を開き,よくビザンティン帝国に対抗し,文人・学者を保護した。のちファーティマ朝の圧迫を受け,1004年に併合された。…

※「サイフ・アッダウラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サイフ・アッダウラの関連キーワード無空耶律阿保機耶律阿保機ハムダーン朝ファーラービー村上天皇村上天皇ムイッズ・アッダウラ村上天皇村上天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android