コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウスタインサイド South Tyneside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウスタインサイド
South Tyneside

イギリスイングランド北東部,タイン・ウィア東部の地区。西はニューカッスルアポンタインに接し,北はタイン川,東は北海に臨む。ニューカッスルアポンタインの発展とともに造船,製鉄などの工業が発達。第2次世界大戦後は石炭や重工業への依存を軽減するため軽工業が行なわれるようになり,ジャローで行なわれる船舶修理のほかは,サービス業,軽工業が主要な産業となっている。行政中心地のサウスシールズ南部には北海の海岸沿いに美しい草原と砂浜が広がる。面積 64km2。人口 15万1500(2004推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android