コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サオ族 サオぞく Sao

1件 の用語解説(サオ族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サオぞく【サオ族 Sao】

アフリカ中央部,チャド湖の南端から,シャリ川をはさんで東に40km,西に60km,南東へ200kmの広い地域に,10世紀ころから16世紀ころまで住んだ部族。彼らは各地に多くの集落をつくり,ていねいに死体を埋葬した。伝承によると,サオ族は〈おそろしい力の巨人〉であったという。これはナイル川上流の長身のクシュ族(クシュ王国)の末裔であることを意味する,との説がある。サオ族はその後継者であるコトコ族Kotokoとともに金属器文化を有し,失蠟法で青銅製品を鋳造し,鉄製品もつくったが,それらの多くは装身具であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サオ族の関連キーワードコンゴ盆地チャドチャド湖中央アフリカ共和国アフリカ菫チャド諸語ホワイトアフリカ南アフリカCEEAC汎アフリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サオ族の関連情報