サクサイワマン城塞(読み)サクサイワマンじょうさい

世界の観光地名がわかる事典の解説

サクサイワマンじょうさい【サクサイワマン城塞】

ペルーの古都クスコにある城塞跡。インカ帝国征服者の最初の戦場になった、クスコ北郊の市内を見下ろす丘の上に位置するインカの城塞遺跡である。15世紀末に造られ、1日3万人が80日間をかけて建設したといわれる。使われている石は巨石ばかりで、なかには1個で360tのものもあり、隙間のない精緻(せいち)な石組みで造られている。長さ360mの城壁が3段あり、21の出城が突き出すジグザグの形状で、頂上からはクスコ市街を眺めることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android