コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石組み いしぐみ

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

いしぐみ【石組み】

日本庭園で使われる重要な造園技法の一つで、庭内に置く複数の石の配置・構成をさす。庭全体の構成の骨組みとして使うほか、島・滝・山などを表すような象徴的な使い方もある。◇「いわぐみ」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石組み【いしぐみ】

〈いわぐみ〉とも。自然石を組み合わせて配置したもの。日本庭園の重要な要素で,築山における蓬莱(ほうらい)石,池泉における鶴亀石,滝の三尊石など,形式にそれぞれの約束がある。
→関連項目枯山水禅宗美術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしぐみ【石組み】

日本庭園の造園技術の中で最も特色ある技法の一つ。自然石を組み合わせて配置したもの,またはその配置をいう。〈いわぐみ〉とも読み,石立て,石くばりとも称する。《拾芥抄》には〈石を畳む〉という平安時代初めの記事が見られ,巨勢金岡(こせのかなおか)が神泉苑監として平安京神泉苑の石組みを行ったことが知られる。また平安時代の造園書《作庭記》では〈石を立てる〉と表現され,その立て方を大海,大河,山河,池沼,葦手(あしで)の五つに分けて説いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の石組みの言及

【石組み】より

…〈いわぐみ〉とも読み,石立て,石くばりとも称する。《拾芥抄》には〈石を畳む〉という平安時代初めの記事が見られ,巨勢金岡(こせのかなおか)が神泉苑監として平安京神泉苑の石組みを行ったことが知られる。また平安時代の造園書《作庭記》では〈石を立てる〉と表現され,その立て方を大海,大河,山河,池沼,葦手(あしで)の五つに分けて説いている。…

※「石組み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石組みの関連キーワードヴィシェグラードのメフメドオークニー諸島の新石器時代遺跡中心地パナマ・ビエホ古代遺跡「新亀石」水辺祭祀場サクサイワマン城塞サントドミンゴ教会オリャンタイタンボ本願寺大書院庭園醍醐寺三宝院庭園涸れ滝・枯れ滝ボロブドゥールタンボマチャイカスタリアの泉ソレダッド砦大湯環状列石サクサワマン須弥山石組みコリカンチャカプサ文化上白岩遺跡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石組みの関連情報