コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササラダニ類 ササラダニるいCryptostigmata; oribatid mite

1件 の用語解説(ササラダニ類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササラダニ類
ササラダニるい
Cryptostigmata; oribatid mite

クモ綱ダニ目ササラダニ亜目に属する種類の総称。体長 1.5mm以下。体は全体に硬く,淡褐色や黒色で光沢のあるものが多く,微小な甲虫を思わせる。偽気門器官と呼ばれる前体部背面にある1対の触毛のほか,体毛の形態が分類上の重要な特徴となる。世界中のあらゆる土壌環境に生息し,腐食性あるいは食菌性で,植物遺体を分解することで自然界において大切な役をになっている。森林の中に立ったとき,両足の下に数千匹のササラダニがいると思って間違いないほど個体数も多い。世界に1万種近く知られ,日本産は約 100科 530種であるが,新種が次々に発見されている。 (→ダニ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ササラダニ類の関連情報