触毛(読み)しょくもう(英語表記)tactile hair

  • 触毛 tactile hair

世界大百科事典 第2版の解説

節足動物の体表には接触感覚をつかさどる触毛(感覚毛)や触刺が多数生えている。触毛は最も単純な接触感覚器であって,ネコひげと同じように口器やその回りにあるほか,触角,尾毛などに特に多く分布している。触毛は比較的長く,中空で,その基部は柔らかい関節膜で体表と連結し,内部には感覚細胞の先端部が接している。触毛が物体に触れると,触毛基部の関節部に曲がりを生じ,その曲がり圧力がインパルスとして中枢神経へ伝えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 哺乳類の顔や昆虫の体表などにあって触覚を感受する感覚毛。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の触毛の言及

【毛】より

…ただ一つ,西アフリカ産の両生類ケガエルの胴の両側から大腿部にかけて1列に生えている〈毛〉は角質化した組織ではなく,皮膚の伸び出した生活組織で,えらのように呼吸機能をもつのであろうと考えられている。 特殊な毛としては,口の上にみられるひげ(ネコやネズミのひげ)や目の上の剛毛があるが,これらは毛囊鞘(もうのうしよう)中に血脈洞があり,感覚神経の末端が入りこんで一種の感覚器をなしているので,血洞毛,触毛,感覚毛などと呼ばれる。モグラ類では手首に,コウモリ類では飛膜にもあるが,ヒトにはない。…

【ひげ(髭∥鬚∥髯)】より

…本来は,男子の顔面部,ほお,あご,および口の周りに生ずる,長く伸びる毛の房を指す(それぞれ漢字では髯,鬚,髭をあてる)が,転じて哺乳類の同様な毛の房,および上唇などに生える触毛をいうばかりでなく,これらに似た毛状の突起物をも,機能に関係なく,ひげということが多い。例えば,魚類のひれの前にある鰭刺(きし)を触鬚(しよくしゆ),ヒゲクジラ類の口内にある角質の板をくじらひげ,鋏角類の脚にある突起物を脚鬚(きやくしゆ)pedipalpというたぐいであり,植物でも,つるの先端を巻きひげ,単子葉類の根をひげ根という。…

※「触毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android