コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サビツボキン(銹壺菌) サビツボキンSynchytrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サビツボキン(銹壺菌)
サビツボキン
Synchytrium

藻菌類ツボカビ目に属する寄生菌。サビフクロカビともいう。日本においてはマツヨイグサに寄生するものについて,詳しくその生活史が調べられている。この菌の寄生した葉の組織は銹菌におかされたようになり,その部から単毛の遊走子が泳ぎ出し,健全葉の気孔から再び寄生する。菌は終生単細胞で,最後に数細胞に分れてそれぞれが遊走子嚢となる。なお有性生殖は,遊走子とまったく同様に生じる運動性の配偶子合着して行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android